TOM CLANCY'S  SPLINTER CELL CONVICTION

ゲームを遊びつくせ!アルティメットゲーマーズ第1回

スプリンターセル コンヴィクション

4月28日発売予定のXbox 360用ステルスアクション『スプリンターセル コンヴィクション』にたろちん・加藤が挑む! 果たして「潜入」の結末は……?

  • twitterでつぶやく

人気ステルスアクションに、たろかとが挑む

第1回目のお題は、世界累計販売本数1,300万本以上を誇る人気シリーズ「スプリンターセル」の最新作。
凄腕のエージェント、サム・フィッシャーを操り、単身で巨大な陰謀に立ち向かっていくステルスアクションゲームです。
今回はまだ発売前のタイトルということで、現在Xbox LIVEにて配信中の体験版をたろちん・加藤にプレイしてもらいました。
体験版とは言っても、実は収録されているのはかなり先のステージで、初心者の二人にとってはややハードかもしれません。
二人は敵に見つかることなく、無事に体験版をクリアできるのか……。

実況プレイ・前編

  • twitterでつぶやく

実況プレイ・後編

  • twitterでつぶやく

他の実況動画を見る

無駄に手に汗握る展開に

今回、たろちんは事前に体験版プレイ済み、加藤はあえて初プレイという状態で挑んでもらいました。
最初は加藤に挑戦してもらい、苦戦が続くようならたろちんに交代、というところまではこちらの思惑どおりだったのですが……たろちん、苦戦しすぎ!
最後の最後は、その場に居合わせた全員が「お願いだからクリアして!」とヒヤヒヤしながら応援していました。
クリアできて本当によかった……!
実際のゲームはステージを順に進めながら、色々な技術を身につけていくことができるため、ここまでの苦戦はないかと思いますが、ステルスアクションならではの「緊張感」を感じられるプレイになりました。

たろちんのプレイ感想

超人的な主人公なのに打たれ弱いところがリアルで気に入りました。あくまでステルス能力の達人であって、鉄砲で撃たれれば死んじゃう。ランボーみたいに特攻していける不死身の人間ではないんですよね。
アイテムやギミックが多彩で、敵を倒すにしても隠れるにしても色んな戦略が考えられて楽しいです。自分で考えた戦略が上手くいった時は大学受験に合格した時の喜びにも勝ると思います。

加藤のプレイ感想

はじめ戦闘のプロだと思って敵陣に突っ込んでいったら銃で数発撃たれただけで死んだので、プロなのは戦闘じゃなくて潜入のほうなんだなと思い知りました。
潜入してこそこそやるよりも特攻して敵を全滅させるほうが好きなので、死にやすいってのはある意味リアルで楽しい。相手の頭に照準を合わせて銃を撃つのが爽快で、FPSはやったことないんですが、これがきっかけで興味が出てきました。
オススメはカメラ爆弾の愉快な音楽。あと電灯を銃で破壊できたり、戦闘以外でも飽きない仕掛けが多いのがよくできていると思いました。

アルティメットゲーマーズ トップへ

『スプリンターセル コンヴィクション』
発売日: 2011年6月9日
ジャンル: アクションステルス
対応機種: Xbox 360
希望小売価格: 2,800円+税
  • e-STOREで購入する
  • 公式サイト

© 2010 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Splinter Cell, Splinter Cell Conviction, Sam Fisher, the Soldier Icon, Ubisoft, Ubi.com and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries

©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX